6畳間を畳からフローリングにリフォームする場合の費用・予算と注意点

リフォームの規模もいろいろである。

1~2ヶ月をかけての全面的な大規模リフォームもあれば、1~2日ですべて完了する小規模リフォームもある。

例えばちょっとした電気配線の増設や簡単なクロス貼り替え工事、クローゼット収納や洗面台の交換…といった辺りのリフォームは1~2日あれば済ますことができる工事といえる。

ユーザーさんとしては全面的なリフォームまでは踏み切れずとも、とりあえず本格的なリフォーム前に不便な部分を改修したい…という目的が多いかと思う。

この手のリフォーム工事であれば予算が読めるので、出費の面では安心できるリフォームといえるだろう。

短期で終わるリフォームこそ実力の差がハッキリする

だが 当ブログのようなリフォーム業界の人間としては、意外と大規模リフォームよりも気が抜けない部分が多い工事なのだ。

というのも、1日もしくは2日で終える短期決戦である。予想外のトラブルや追加工事が発生すれば期間内に終わらないという意味でもある。

また予算が最初からきっちりと明確になっている分、何か勃発した場合、自社の負担となるケースも多い。

そして何より、リフォーム開始後にトラブルが起これば部材が間に合わないという危険もあるのだ、それだけに工事開始前にいつも以上に念入りに現場調査を行なう必要があるリフォーム工事なのである。

 警告
リフォーム成功のカギは、なるべく多くの業者の中からリフォーム内容に合った会社を見つけること。そして予算内で工事を完了させるためにも業者比較サイトなどで相場や適正価格を調べておくのも忘れずに!
相場も知らずにメーカーや工務店に足を運ぶのは危険すぎるブー

▶▶リフォーム業者の無料見積りサイトを比較

6畳間の畳→フローリングに貼り替え工事の流れと注意点

比較的、小規模リフォームの中でも人気のある工事といえば「畳の和室からフローリングへの貼り替え工事」もそのひとつに挙げることがきる。

最新の住宅の場合は和室が最初から存在しない場合もあるが、築10年程度の住宅であれば、多少なり和室風の畳の空間があるの一般的かと思う。

客間としてや寝室として上手に活用できれば良いが、実際のところ上手に活用できずに持て余してるユーザーさんが多いようだ。

ほぼ使っていないケースや物置部屋として利用している場合もあるだろう。

そこで和室や客間としての6畳間をフローリングの洋室に変更し、子供部屋やご主人の作業部屋等に転用するリフォームが思いの外多いようだ。

その場合、流れとしては既存の畳を撤去~処分し、畳の厚みに合わせて下地を調整する必要がある。畳の下の状態が畳受けとよばれる杉の粗材の場合もあればコンパネとよばれるベニヤ板の場合もある。

必要であれば垂木とよばれる角材にて根太を流す必要もでてくるだろう。また中古マンション等の場合は本当の畳ではなく、専用につくられた薄い畳材の場合もある。

やはりリフォーム業者に一度畳の下の状態を確認してみなければ予算や費用はハッキリしてこないかと思う。

その際、注意してもらいたいのがフローリング貼り替え工事によって生じる他の関連工事のこと。

基本的に畳の敷きこまれた和室は柱がむき出しになった真壁というスタイルなケースが多い。そのためフローリング貼りに伴い、真壁→大壁と部屋の壁面の改修も必要となってくる場合も少なくない。

となればボード張りからクロス張り、新たに幅木工事も追加されて大掛かりな工事に発展する可能性もある。まずは現状を見なければリフォームとしても費用が予想できないのがこの手の工事といえる。充分に比較しておきたい。

6畳間の畳からフローリングへのリフォーム費用の概算

上述したように、既存の畳の下の状態を確認しなくては費用や予算など到底分かりようがない。

だが仮に、畳を撤去してコンパネやベニヤで簡単に下地ができた場合、最安なパターンとしては10~15万円程度でおさまるケースもあるかもしれない。

もちろんこれは、畳の下の根太や下地が水平のとれたレベルの良い状態を想定しての話である。和室の畳の下は往々にしてレベルの悪い場合が多い…何らかの調整は必要となるだろう。

畳下の根太や下地が沈み込んでいたり、フローリング材のグレードがアップすれば到底これではおさまらないはずだ。

リフォーム業者によっても様々な設定だろうが、基本的に職人さん一人が作業すれば25,000円程度の手間代(作業代金)がかかるものだ。

一人で3日かかればその時点で7~8万円の手間代がかかるものだ。プラスアルファで材料費や畳の撤去・処分費、そして諸経費もかかってくる。

やはり順調に進んだと仮定しても20万円程度は覚悟しておいた方が良いかと思う。もちろん上記のようなボード張りやクロス張りが絡んでくれば、もう少し予算も膨れることも忘れないでもらいたい。

カーペットやクッションフロア材からフローリング材への貼り替え工事

もちろん既存のカーペットからフローリング材、クッションフロアからフローリング材という小規模リフォームも少なくない。

この場合、6畳間の畳の撤去処分費が不要なのでその分が安くなる以外は基本的に同じといえる。

またクッションフロアによっては剥がさずに上から貼り増すという施工もできる場合もある。

そういった場合は職人さんの手間代も安くおさまるケースも考えられるが、仕上がりが他の部屋や廊下と合わない場合もでてくる。現時点では問題無くともバリアフリーの面では不便なリフォームとなる可能性も否定できない。

この辺りはコストと予算、長期的な使いやすさのバランスを考えて施工方法を決定しておきたいところである。

【人気の5社を徹底比較】リフォーム業者一括見積サイト一覧

リフォーム成功のカギは「工事内容に合った良心的な業者を見つけること」ですが、そのために大切なのは「工事内容に合った業者を徹底比較すること」に他なりません。
そこで今回の調査で管理人がじっさいに登録して

申込手順が簡単!
提携リフォーム会社の数が多い!
運営元が大手で安心できる!

と感じた5つの無料で見積り・プランニングしてもらえる業者比較サイトの特徴をおすすめ順にでご紹介します。

ちなみに結論から先にいうと「利用満足度」「使いやすさ」「サイト利用者安心度」でリフォーム業界で3冠を獲得したタウンライフ・リフォームが当ブログ的には一押しです!!

▶▶【無料見積り】タウンライフリフォーム


1社でもじゅうぶんだけど2社に登録しておくとそれだけ選択肢が増えるのでおすすめだブー

【プランニングに定評あり!!】タウンライフリフォーム

結論からいうと、管理人が最終的に満足できたリフォーム業者を紹介してもらえた比較サイトがこちらのタウンライフリフォームでした。

タウンライフリフォームの特徴

全国展開の上に提携リフォーム業者の数が多く、地元の優良リフォーム業者がみつかる確率が高い
申込手順がシンプル!わずか3ステップの簡単な申込でプランニングまで提案してもらえる
運営元が大手で利用者数も多く、利用者満足度をはじめ3冠達成!!

▶▶【無料見積り】タウンライフリフォーム


とりあえず1社だけでも試しに登録するなら、最初は人気NO.1のタウンライフリフォームだブー

タウンライフリフォームの申込みの流れ

タウンライフリフォームの無料一括見積りは非常にシンプル!


まずは公式ページの登録フォームの3つの質問にこたえ、リンク先のページで
全面リフォームか水回りリフォームか?部分リフォームか?
リフォームする主な目的
今回のざっくりとしたリフォーム予算
の設問にこたえて送信するだけ! アナタのお住まい周辺の優良リフォーム会社がプランニング・見積りをしてくれます。
わずか3分で3つのリフォーム提案が戻ってきますよ♪

▶▶【無料見積り】タウンライフリフォーム


リフォーム比較プロ


タウンライフリフォームを申し込んだ上で「さらに多くのリフォーム業者の中から本格的に選びたい!」とお考えの方はリフォーム比較プロがおすすめ。タウンライフリフォームとはタイプの違うリフォーム業者3~4社から提案してもらえますよ♪

▶▶リフォーム比較プロ

リフォーム比較プロの特長

全国展開はもちろん提携リフォーム業者500社以上
超シンプル60秒で登録完了
全面改修からバリアフリー工事、耐震工事まであらゆる工事に対応

リフォーム比較プロの申込みの流れ

今回、当ブログ掲載のリフォーム業者比較サイトはすべてスマホから簡単に申込み可能な会社ばかりですが、中でもダントツに簡単なのがリフォーム比較プロの申込です。

公式ページのフォーム内の3つの項目を埋め、リンク先のページでリフォーム箇所や希望の予算などの情報を入力して送信するだけ。わずか60秒で登録完了です。タウンライフリフォームとは提携先もちがうため新たなリフォーム業者から見積もり・プランニングが提案されます。

質の高い工事をできるだけ安く!がリフォーム比較プロのポリシーだブー

▶▶リフォーム比較プロ


リショップナビ


「できるだけ沢山の候補の中からトコトンこだわってリフォーム業者を選んでみたい!」という方ならリフォーム業者比較サイトの老舗「リショップナビ」も有力な1社。他社にない独自のサービスも魅力的ですよ♪

▶▶リショップナビで無料見積もり

リショップナビの特長

提携リフォーム業者圧倒的NO.1の1,500社!
担当のコンシェルジュが電話で詳細を確認
万が一工事ミスが発生した場合に備え安心リフォーム保証制度アリ

リショップナビの申込みの流れ

リショップナビの申込みは
【STEP1】

【STEP2】

【STEP3】

という具合に超シンプル。リフォーム箇所や工事費用などの入力は一切なし。つまり工事の内容はすべて担当のコンシェルジュが電話でヒアリングしてくれるのです(※通常、入力完了後、1~2分で折り返しの電話があります)

スピード感をもってリフォーム工事を開始したい方にはピッタリだブー!

▶▶リショップナビで無料見積もり


ベスト@リフォーム


もしアナタが「大手リフォーム業者のみ」に絞って見積もりやプランニングしてもらいたいならば、最適なリフォーム業者比較サイトがこちらの「ベスト@リフォーム」。住友不動産やミサワリフォーム、東急ホームズなど人気の大手リフォーム会社を網羅しています。

▶▶ベスト@リフォーム

ベストリフォームの特長

基本、大手企業だけなので圧倒的な安心感
全面改修~部分リフォームまですべて対応
目先の安さよりも丁寧さ・安心感を重視

独自の審査で提携先を選ぶベスト@リフォームはサポート対応にも定評ありだブー

▶▶ベスト@リフォーム


リフォームのことならリノコ


▶▶リノコリフォームで無料見積もり

リフォームのことならリノコの特長

クチコミ評価の高い人気施工店のみ紹介!
業者と利用者の中立的な立場から徹底サポート
もちろん「相談・紹介・見積り」は一切無料!

リノコの申込みの流れ

完全に匿名でリフォーム相場を無料で教えてもらえるリノコの申込も非常にシンプルです。

公式ページにある上記の項目を入力して見積もりを依頼するだけで、まずはリノコからアナタのお住いに対応した優良施工店が提案され、後にリノコから正式なリフォーム見積もりが届きます。

比較サイトというよりも「業者」と「相談者」を中立的な立場でサポートする第三者機関だブー

▶▶リノコリフォームで無料見積もり


部分リフォーム
シェアする
【MISSION】キッチンリフォームを調査せよ