キッチン(台所)のリフォームのコツとおさえておくべきポイントとは

女性陣が自宅のリフォームにおいて、もっとも拘る部分であり予算を費やす部分といえば、間違いなくキッチンのリフォーム工事といえる。

それだけ女性陣は長時間をキッチンで過ごすということだ。

1日に何時間も過ごすキッチンだけに、自分の納得のゆく快適なキッチンに憧れている証拠だろう。

男性陣からすれば単なる調理場…というイメージのキッチンだが、女性陣にとっては自分だけの部屋という感覚があるようだ。

その証拠に他の住設機器は安くおさえる奥様でも、キッチンだけはハイグレードというケースが多く感じる。

変な話、リフォーム業者側からすればキッチンリフォームが上手く進めることができれば奥様方からの評価が上がる…つまりリフォーム工事全体が上手くおさまるという気もしている。

リフォーム業者としても、もっとも手を抜けない部分がキッチンのリフォームといえるだろう。

 警告
リフォーム成功のカギは、なるべく多くの業者の中からリフォーム内容に合った会社を見つけること。そして予算内で工事を完了させるためにも業者比較サイトなどで相場や適正価格を調べておくのも忘れずに!
相場も知らずにメーカーや工務店に足を運ぶのは危険すぎるブー

▶▶リフォーム業者の無料見積りサイトを比較

キッチンのリフォームの意外な落とし穴とは

キッチンのリフォームといった場合、各キッチンメーカーのカタログやパンフレット、ユーザーさんが集めてきた雑誌等の資料をもとに希望のキッチンを選び出す…といった作業が普通の流れだろう。

もちろん最新型のキッチンは非常に考えて作り込まれている。そういった最新型のキッチンはカタログをみているだけでワクワクするものだ。

または最近ではナチュラル系のテイストを活かしたキッチン等も増えてきた。最新型のキッチンが洗練されすぎてどうも…というユーザーさんはナチュラル系のキッチンなどもお勧めである。

だがシステムキッチン選びの前に幾つか注意しておきたい部分もある。

それはキッチンの配置や向き、快適性や寒さや暑さ対策…といった面である。どういったシステムキッチンを選ぶにしても居心地を左右するのが上記の部分だ。キッチン選びの前にじっくり考えてもらいたい。

キッチンの配置・形状を考える

せっかくのキッチンリフォームだ、今のキッチンに少しでも不満があるならば解消してもらいたい。

間仕切りや給排水、吸排気ダクトといった制限も数多くあるだろうが、多少の配置換えは可能なパターンも多い。

まずは間取りや天井内のダクトの流れ、床下の給排水といった部分をリフォーム業者の現場調査の人間に確認してもらおう。

リフォーム工事内容の規模にもよるが、マンションの躯体とよばれるコンクリート製の壁が絡んでいない限り、やる気になればキッチンの向きや配置も変えることは可能だ。

既存のストレート型のシンプルなキッチンのままでも良いが、L型キッチン、コの字型のキッチン、アイランド型キッチンにオープンタイプのキッチンと選択肢も多い。自分の生活のスタイルを考えた上で理想の形状や配置を考えておきたい。

キッチンの快適性を考える

通常の住宅の場合、北向きに配置されるケースの多いキッチン、リフォームついでに寒さ対策や暑さ対策を充実させることもお勧めである。

思い切ってキッチン内に床暖房を施工するのも悪くない。キッチンの動線だけに絞って施工すれば思ったほどイニシャルコストもランニングコストもかからない。

ガス式や電熱式と様々な床暖房があるが、リビング等と違いのんびりと過ごすよりも断続的に過ごすキッチンならば開始からいきなり温かい電熱式がお勧めかもしれない。

もちろん暑さ対策も大切だ。小面積のキッチンには不要かもしれないがセミオープン型のキッチン辺りでは独自のエアコンを用意するのも悪くない。最低でも風の流れを考えて、空気のこもりにくい設計をお願いしておきたい。

そして見落としがちな部分が床材といえる。

住宅の中でも、もっとも立ち仕事の多い場所がキッチンである。少しでも足の疲れにくい床材、負担のかからない床材をチョイスしてもらいたい。

フローリング材だとしても表面の木質材の下にクッション性のあるフローリング材を利用する、または足に優しい木材はコルクタイルを使用するのも良い考えである。

ただキッチンということで水が頻繁に溢れる可能性も考えて、最低でも防水性の高い商品を選んでおきたい。いくら足が疲れにくい床材でも水がこぼれて膨れたり剥がれては意味が無い。防水性と快適性のバランスのとれた床材がベストだろう。

料理と片付けの効率を考える

ひと昔前のキッチンと最近のキッチンのもっとも違う部分といえばここではないだろうか?

最近のシステムキッチンの特徴は、一言でいってしまえば、料理や後片付けがストレス無く快適にできることだと 当ブログは考えている。

例えば食器や鍋類の出し入れが快適な電動式の吊り戸棚であったり、材料を刻んだり盛り付けたりと加工のしやすい広いワークトップ、もちろん食器や鍋を洗うシンクもひと昔前よりも大型化している。

それ以上にある程度のグレードのシステムキッチンであれば、食器洗浄機やごみ処理機等も標準化している。大幅に後片付けの手間が省ければ、他の作業や家族との時間を増やすことができる
はずだ。

また最新のシステムキッチンともなれば、掃除のしやすいレンジフードだけでなく、壁面には独自の綺麗かつ汚れの付着しづらいキッチンパネルやステンレスパネルが標準装備されている。

これまで大変だった油汚れの掃除もささっとひと拭きで終わらせる事が可能だ。清潔なキッチンを維持するための手間や時間も節約できるのだ。

失敗しないキッチンリフォームのポイント

さてここからは 当ブログが考える後悔しないキッチンリフォームのポイントをお話しておきたい。

当サイトのユーザーさんで過去に何度もキッチンをリフォームしているような方は読み飛ばしてもらって構わない。

まず最初にやるべき事といえば「既存のキッチンの問題点のリストアップ」である。

キッチンのリフォームを検討しているからには幾つも不満があるはずだ。単純に古いから…という一言で片付けないでもらいたい。

ワークトップが狭いので作業のストレスが溜まる…とか後付のカウンター上の食器洗浄機が邪魔だしサイズが小さい…とか、ガスコンロ下に大きめのオーブンが欲しい…と理由は何でも良い。

まずは既存のキッチンの不満をリストアップすることで、リフォーム後の理想のキッチン像が浮き彫りになってくるはずだ。必要に応じてシステムキッチンの工事前に部屋自体の改修工事が必要なケースもあるかと思う。

システムキッチンの施工後に床暖房や床材の変更は無駄に費用がかかることだし不可能なパターンも多い。順序から考えてもシステムキッチン前に他の部分のリフォームを済ませておきたい。

そういった意味でも、単純にシステムキッチンの施工を中心に行なう住設機器系のリフォーム業者よりもトータルで住宅をリフォームしている業者の方が提案力もあるし経験豊富なはずだ。

念のため幾つかのリフォーム業者で概算見積もりを集め、予算と提案内容を比較して選んでおきたいものだ。

【人気の5社を徹底比較】リフォーム業者一括見積サイト一覧

リフォーム成功のカギは「工事内容に合った良心的な業者を見つけること」ですが、そのために大切なのは「工事内容に合った業者を徹底比較すること」に他なりません。
そこで今回の調査で管理人がじっさいに登録して

申込手順が簡単!
提携リフォーム会社の数が多い!
運営元が大手で安心できる!

と感じた5つの無料で見積り・プランニングしてもらえる業者比較サイトの特徴をおすすめ順にでご紹介します。

ちなみに結論から先にいうと「利用満足度」「使いやすさ」「サイト利用者安心度」でリフォーム業界で3冠を獲得したタウンライフ・リフォームが当ブログ的には一押しです!!

▶▶【無料見積り】タウンライフリフォーム


1社でもじゅうぶんだけど2社に登録しておくとそれだけ選択肢が増えるのでおすすめだブー

【プランニングに定評あり!!】タウンライフリフォーム

結論からいうと、管理人が最終的に満足できたリフォーム業者を紹介してもらえた比較サイトがこちらのタウンライフリフォームでした。

タウンライフリフォームの特徴

全国展開の上に提携リフォーム業者の数が多く、地元の優良リフォーム業者がみつかる確率が高い
申込手順がシンプル!わずか3ステップの簡単な申込でプランニングまで提案してもらえる
運営元が大手で利用者数も多く、利用者満足度をはじめ3冠達成!!

▶▶【無料見積り】タウンライフリフォーム


とりあえず1社だけでも試しに登録するなら、最初は人気NO.1のタウンライフリフォームだブー

タウンライフリフォームの申込みの流れ

タウンライフリフォームの無料一括見積りは非常にシンプル!


まずは公式ページの登録フォームの3つの質問にこたえ、リンク先のページで
全面リフォームか水回りリフォームか?部分リフォームか?
リフォームする主な目的
今回のざっくりとしたリフォーム予算
の設問にこたえて送信するだけ! アナタのお住まい周辺の優良リフォーム会社がプランニング・見積りをしてくれます。
わずか3分で3つのリフォーム提案が戻ってきますよ♪

▶▶【無料見積り】タウンライフリフォーム


リフォーム比較プロ


タウンライフリフォームを申し込んだ上で「さらに多くのリフォーム業者の中から本格的に選びたい!」とお考えの方はリフォーム比較プロがおすすめ。タウンライフリフォームとはタイプの違うリフォーム業者3~4社から提案してもらえますよ♪

▶▶リフォーム比較プロ

リフォーム比較プロの特長

全国展開はもちろん提携リフォーム業者500社以上
超シンプル60秒で登録完了
全面改修からバリアフリー工事、耐震工事まであらゆる工事に対応

リフォーム比較プロの申込みの流れ

今回、当ブログ掲載のリフォーム業者比較サイトはすべてスマホから簡単に申込み可能な会社ばかりですが、中でもダントツに簡単なのがリフォーム比較プロの申込です。

公式ページのフォーム内の3つの項目を埋め、リンク先のページでリフォーム箇所や希望の予算などの情報を入力して送信するだけ。わずか60秒で登録完了です。タウンライフリフォームとは提携先もちがうため新たなリフォーム業者から見積もり・プランニングが提案されます。

質の高い工事をできるだけ安く!がリフォーム比較プロのポリシーだブー

▶▶リフォーム比較プロ


リショップナビ


「できるだけ沢山の候補の中からトコトンこだわってリフォーム業者を選んでみたい!」という方ならリフォーム業者比較サイトの老舗「リショップナビ」も有力な1社。他社にない独自のサービスも魅力的ですよ♪

▶▶リショップナビで無料見積もり

リショップナビの特長

提携リフォーム業者圧倒的NO.1の1,500社!
担当のコンシェルジュが電話で詳細を確認
万が一工事ミスが発生した場合に備え安心リフォーム保証制度アリ

リショップナビの申込みの流れ

リショップナビの申込みは
【STEP1】

【STEP2】

【STEP3】

という具合に超シンプル。リフォーム箇所や工事費用などの入力は一切なし。つまり工事の内容はすべて担当のコンシェルジュが電話でヒアリングしてくれるのです(※通常、入力完了後、1~2分で折り返しの電話があります)

スピード感をもってリフォーム工事を開始したい方にはピッタリだブー!

▶▶リショップナビで無料見積もり


ベスト@リフォーム


もしアナタが「大手リフォーム業者のみ」に絞って見積もりやプランニングしてもらいたいならば、最適なリフォーム業者比較サイトがこちらの「ベスト@リフォーム」。住友不動産やミサワリフォーム、東急ホームズなど人気の大手リフォーム会社を網羅しています。

▶▶ベスト@リフォーム

ベストリフォームの特長

基本、大手企業だけなので圧倒的な安心感
全面改修~部分リフォームまですべて対応
目先の安さよりも丁寧さ・安心感を重視

独自の審査で提携先を選ぶベスト@リフォームはサポート対応にも定評ありだブー

▶▶ベスト@リフォーム


リフォームのことならリノコ


▶▶リノコリフォームで無料見積もり

リフォームのことならリノコの特長

クチコミ評価の高い人気施工店のみ紹介!
業者と利用者の中立的な立場から徹底サポート
もちろん「相談・紹介・見積り」は一切無料!

リノコの申込みの流れ

完全に匿名でリフォーム相場を無料で教えてもらえるリノコの申込も非常にシンプルです。

公式ページにある上記の項目を入力して見積もりを依頼するだけで、まずはリノコからアナタのお住いに対応した優良施工店が提案され、後にリノコから正式なリフォーム見積もりが届きます。

比較サイトというよりも「業者」と「相談者」を中立的な立場でサポートする第三者機関だブー

▶▶リノコリフォームで無料見積もり


部分リフォーム
シェアする
【MISSION】キッチンリフォームを調査せよ