リフォーム工事で必要となる工事費以外の費用とは?

リフォーム工事の資金計画において、できれば実際にリフォームに使える予算のうち、何割かはプールしておくべき…というのが 当ブログの提案である。詳しいことはこちらの記事、を参考にしてもらいたい。

これにはリフォーム工事に着手し、解体してから発生するであろう追加工事費用を捻出するための準備費用という意味もあるが、業者に支払う工事費以外に生じる諸々の経費に対応するためでもある。

意外と見落とされがちな部分だが、リフォーム工事は新築住宅と同様…いやそれ以上に工事費以外の出費が多いのだ。

参考までに一般的なリフォーム工事における工事費以外の出費の内容をまとめておくので参考にしてもらいたい。

 警告
リフォーム成功のカギは、なるべく多くの業者の中からリフォーム内容に合った会社を見つけること。そして予算内で工事を完了させるためにも業者比較サイトなどで相場や適正価格を調べておくのも忘れずに!
相場も知らずにメーカーや工務店に足を運ぶのは危険すぎるブー

▶▶リフォーム業者の無料見積りサイトを比較

工事費と工事費用以外の出費を時系列で考える

リフォーム費用というと、リフォーム業者に支払う費用だけに注目されがちだが、思いの外、リフォーム業者に支払う以外の費用がかかるものだ。

この部分をしっかり把握せずリフォームを開始してしまい、リフォーム中に出費の多さに慌てているユーザーさんも少なくなようである。中にはこの手の費用のために新たに借り入れを行なうオーナーさんもいるほどなのだ。

もちろん 当ブログの施工店が依頼を受けたリフォーム工事に関しては、工事受注後にそういった出費の内容やおよその金額、出費の時期…といった部分を説明するようにしているが、どうやら業者によってはその手の説明を省いているケースも多いようである。

念のため、以下に工事費用から工事費用以外の出費、最終的に必要な出費等を時系列に沿って簡単にまとめておいたので参考にしてもらえば幸いだ。

1.リフォーム業者への契約金

リフォーム業者選びが終わった段階で、今後のリフォーム工事の詳細の打合せが開始されるはずだ。

もちろんリフォーム工事がスタートする前に請負契約の契約金を支払う必要がある。

当ブログの施工店をはじめ、一般的なリフォーム工事契約金は総工事費の約10%が目安とされているが、この金額についてはケース・バイ・ケースのため上下するかもしれない。

また、細かい話をすれば請負契約の契約書の印紙代も必要である。参考までに印紙代は以下の通り。ご自分のリフォーム工事の契約金額によって印紙代も上下する。

2.近隣挨拶の準備

この近隣挨拶の準備にかかる費用については完全にケース・バイ・ケースといえる。

中には両隣程度に軽く茶菓子を配るケースもあるが、大規模リフォームや長期的なリフォームで迷惑がかかるならば、それなりの近隣挨拶も必要となってくる。

当然ながらマンションリフォームであれば管理人や理事の方々へも挨拶が必要な場合もでてくる。具体的な数字はユーザーさんにお任せするが、挨拶の品代としてそれなりの出費は覚悟しておきたい。

3.仮住まい・引越し費用

リフォーム工事の規模によって様々となってくるが、一部の改修工事なら不要かもしれないが全面的な改修工事ともなれば仮住まいや一時的な引越しも必要となる。

当ブログの考えとしては、リフォーム業者に支払う工事費用以外でもっとも大きな出費となるのがこの部分だといえる。

通常の場合、通勤やお子さんの通学を考えてお住まいの近くに仮住まいをするケースが大半だが、数ヶ月といえども引越し費用や家賃で思いの外、高額な出費となるはずだ。

もちろん仮住まいや引越しをせずに全面的に改修するようなリフォーム工事もできなくもない。オーナーさんや家族の体調や諸条件によって住みながらリフォームというケースも稀にある。

その場合、仮住まいや引越し費用が節約できる気もするが、逆に工事の進捗は大幅に遅くなるはずだ。本来はまとめて解体し、効率よく工事できる部分を細かく区切って工事するという事はそれだけ工期も費用もかかる。

実際には一時的に仮住まい・引越しをしてもらった方がトータル的な工事費用としては安くなると 当ブログは考えている。できれば不要な荷物は格安のトランクルームへ預け、少しでも安い物件で仮住まいするのが節約リフォームのポイントといえるだろう。

4.着工金の支払い

いよいよリフォーム工事のスタート!というタイミングで生じる出費が、リフォーム工事の着工金とよばれる支払いである。

参考までに 当ブログの施工店では、総工事費の約30%程度の着工金を想定しているが、この金額もリフォーム業者によってマチマチのようだ。参考程度に考えてもらいたい。

また実際にリフォーム工事がスタートすれば、頻繁に現場を足を運ぶのが一般的なオーナーさんである。工事内容や進捗状況が気になるものだ。

もちろん職人さんや作業員さんを労う意味でも、最低限の茶菓子やジュース・お茶といった差し入れは用意しておきたい。もちろん現場の方々も差し入れをいただいて悪い気はしないだろう。

あまり頻繁に通いつめると逆効果だが、できれば実際に工事してくれる職人さんや作業員さん達と交流を持つという考えもリフォーム工事成功のポイントなのだ。

こういった言い方もどうかと思うが、オーナーさんと会話を交わすことで親近感がわいて手を抜けなくなる…という部分もあるのだ。

逆に現場の人間に悪い印象をもたれると逆効果になるケースもある。こちらが相手をみるように現場の人間も同じようにオーナーさんをチェックしていることを忘れないように。

その後、リフォーム工事の進捗に応じて、さらに中間金として30%程度の工事費を支払う…というのが 当ブログの施工店の流れだ。

この部分も業者によってケース・バイ・ケースのため、最終の支払いまで不要なケースもあるかもしれない。詳しくは依頼したリフォーム業者に確認しておきたい。

5.竣工~引き渡しそして引越し


リフォーム工事が無事終われば、契約金、着手金、中間金を差し引いた残りの工事費をリフォーム業者に支払うことになる。

この時点でリフォーム業者に支払う主な出費は終わりといえるが、リフォーム全体の出費は、まだ終わりというわけではない。

忘れがちだが、仮住まいからの引越し費用、リフォーム工事によって必要となる家具やカーテン、カーペット等の商品、場合によっては冷蔵庫や洗濯機、エアコン…と家電製品のような大きな出費が待っているケースも多い。

出費の話とは違うが、竣工の時点でリフォーム工事内容に疑問があれば早期に担当者に相談しておきたい。引き渡し前のクリーニングが完了してから是正工事が生じてしまえば手間も時間も無駄にかかるのだ。

できれば大工さんや各施工業者が出入りしている間に問題点はみつけておくのが理想的である。ちょっとした追加工事であれば現場の人間が出入りしている期間なら無償でおこなってくれるケースもあるだろう。

それだけに工事の終盤の時期は頻繁に現場へ足を運び状況を確認しておきたいところだ。

【人気の5社を徹底比較】リフォーム業者一括見積サイト一覧

リフォーム成功のカギは「工事内容に合った良心的な業者を見つけること」ですが、そのために大切なのは「工事内容に合った業者を徹底比較すること」に他なりません。
そこで今回の調査で管理人がじっさいに登録して

申込手順が簡単!
提携リフォーム会社の数が多い!
運営元が大手で安心できる!

と感じた5つの無料で見積り・プランニングしてもらえる業者比較サイトの特徴をおすすめ順にでご紹介します。

ちなみに結論から先にいうと「利用満足度」「使いやすさ」「サイト利用者安心度」でリフォーム業界で3冠を獲得したタウンライフ・リフォームが当ブログ的には一押しです!!

▶▶【無料見積り】タウンライフリフォーム


1社でもじゅうぶんだけど2社に登録しておくとそれだけ選択肢が増えるのでおすすめだブー

【プランニングに定評あり!!】タウンライフリフォーム

結論からいうと、管理人が最終的に満足できたリフォーム業者を紹介してもらえた比較サイトがこちらのタウンライフリフォームでした。

タウンライフリフォームの特徴

全国展開の上に提携リフォーム業者の数が多く、地元の優良リフォーム業者がみつかる確率が高い
申込手順がシンプル!わずか3ステップの簡単な申込でプランニングまで提案してもらえる
運営元が大手で利用者数も多く、利用者満足度をはじめ3冠達成!!

▶▶【無料見積り】タウンライフリフォーム


とりあえず1社だけでも試しに登録するなら、最初は人気NO.1のタウンライフリフォームだブー

タウンライフリフォームの申込みの流れ

タウンライフリフォームの無料一括見積りは非常にシンプル!


まずは公式ページの登録フォームの3つの質問にこたえ、リンク先のページで
全面リフォームか水回りリフォームか?部分リフォームか?
リフォームする主な目的
今回のざっくりとしたリフォーム予算
の設問にこたえて送信するだけ! アナタのお住まい周辺の優良リフォーム会社がプランニング・見積りをしてくれます。
わずか3分で3つのリフォーム提案が戻ってきますよ♪

▶▶【無料見積り】タウンライフリフォーム


リフォーム比較プロ


タウンライフリフォームを申し込んだ上で「さらに多くのリフォーム業者の中から本格的に選びたい!」とお考えの方はリフォーム比較プロがおすすめ。タウンライフリフォームとはタイプの違うリフォーム業者3~4社から提案してもらえますよ♪

▶▶リフォーム比較プロ

リフォーム比較プロの特長

全国展開はもちろん提携リフォーム業者500社以上
超シンプル60秒で登録完了
全面改修からバリアフリー工事、耐震工事まであらゆる工事に対応

リフォーム比較プロの申込みの流れ

今回、当ブログ掲載のリフォーム業者比較サイトはすべてスマホから簡単に申込み可能な会社ばかりですが、中でもダントツに簡単なのがリフォーム比較プロの申込です。

公式ページのフォーム内の3つの項目を埋め、リンク先のページでリフォーム箇所や希望の予算などの情報を入力して送信するだけ。わずか60秒で登録完了です。タウンライフリフォームとは提携先もちがうため新たなリフォーム業者から見積もり・プランニングが提案されます。

質の高い工事をできるだけ安く!がリフォーム比較プロのポリシーだブー

▶▶リフォーム比較プロ


リショップナビ


「できるだけ沢山の候補の中からトコトンこだわってリフォーム業者を選んでみたい!」という方ならリフォーム業者比較サイトの老舗「リショップナビ」も有力な1社。他社にない独自のサービスも魅力的ですよ♪

▶▶リショップナビで無料見積もり

リショップナビの特長

提携リフォーム業者圧倒的NO.1の1,500社!
担当のコンシェルジュが電話で詳細を確認
万が一工事ミスが発生した場合に備え安心リフォーム保証制度アリ

リショップナビの申込みの流れ

リショップナビの申込みは
【STEP1】

【STEP2】

【STEP3】

という具合に超シンプル。リフォーム箇所や工事費用などの入力は一切なし。つまり工事の内容はすべて担当のコンシェルジュが電話でヒアリングしてくれるのです(※通常、入力完了後、1~2分で折り返しの電話があります)

スピード感をもってリフォーム工事を開始したい方にはピッタリだブー!

▶▶リショップナビで無料見積もり


ベスト@リフォーム


もしアナタが「大手リフォーム業者のみ」に絞って見積もりやプランニングしてもらいたいならば、最適なリフォーム業者比較サイトがこちらの「ベスト@リフォーム」。住友不動産やミサワリフォーム、東急ホームズなど人気の大手リフォーム会社を網羅しています。

▶▶ベスト@リフォーム

ベストリフォームの特長

基本、大手企業だけなので圧倒的な安心感
全面改修~部分リフォームまですべて対応
目先の安さよりも丁寧さ・安心感を重視

独自の審査で提携先を選ぶベスト@リフォームはサポート対応にも定評ありだブー

▶▶ベスト@リフォーム


リフォームのことならリノコ


▶▶リノコリフォームで無料見積もり

リフォームのことならリノコの特長

クチコミ評価の高い人気施工店のみ紹介!
業者と利用者の中立的な立場から徹底サポート
もちろん「相談・紹介・見積り」は一切無料!

リノコの申込みの流れ

完全に匿名でリフォーム相場を無料で教えてもらえるリノコの申込も非常にシンプルです。

公式ページにある上記の項目を入力して見積もりを依頼するだけで、まずはリノコからアナタのお住いに対応した優良施工店が提案され、後にリノコから正式なリフォーム見積もりが届きます。

比較サイトというよりも「業者」と「相談者」を中立的な立場でサポートする第三者機関だブー

▶▶リノコリフォームで無料見積もり


部分リフォーム
シェアする
【MISSION】キッチンリフォームを調査せよ