外壁塗装におけるリフォーム業者選びのポイント

リフォームを行なう目的には大きく分けて4つあるというのが 当ブログの考えである。

  1. 故障や老朽化を解消するのためのリフォーム
  2. 出産や同居といった生活スタイルの変化のためのリフォーム
  3. より快適で過ごしやすい空間のためのリフォーム。
  4. 定期的なメンテナンスのためのリフォーム

以上の4つ、これらの幾つかの必要性が重なったとき、家主さんはリフォームを決断するものだ。

 警告
リフォーム成功のカギは、なるべく多くの業者の中からリフォーム内容に合った会社を見つけること。そして予算内で工事を完了させるためにも業者比較サイトなどで相場や適正価格を調べておくのも忘れずに!
相場も知らずにメーカーや工務店に足を運ぶのは危険すぎるブー

▶▶リフォーム業者の無料見積りサイトを比較

もっとも忘れられがち、だが最重要リフォームとは?

上記のリフォームのきっかけや目的の中でも、もっとも見落としがちなのが、何を隠そう『定期的なメンテナンスのためのリフォーム』と感じている。

定期的なメンテナンスのためのリフォームは、現時点で不具合やトラブルが発生しているわけでもない。どちらかと言うと緊急性が低いリフォームでもある。

だがそれだけにトラブルや不具合が生じた場合、取り返しのつかない部分ばかりなので注意が必要である。

主に定期的なメンテナンスのリフォームとよべるのが「外壁塗装」や「屋根の葺き替え」、「床下のシロアリや湿気対策」、「外回りの配管」あたりではないだろうか。

とくに外壁塗装は住宅を外部から保護する意味をもつ大切な部分といえる。住宅の寿命を延ばすも縮めるも外壁塗装しだいといっても過言ではない。

ひと昔前よりも塗料や外壁保護剤も進化しているので、上手く活用できれば住宅の状態を長期間にわたってキープできるのである。

後々大きな出費にならないためにも定期的なメンテナンスをやっておきたいものだ。

定期的な外壁塗装が必要とされる理由

そもそも、一戸建て住宅を外部の風雨や紫外線から保護しているのは他でもない外壁塗装の皮膜である。

ベースとなるモルタルや木部は耐水性や耐候性が低いので塗装の皮膜によって保護している状態といえる。

つまり外壁塗装の皮膜がヒビ割れや剥がれ、酷い汚れ…といった状態を放置してしまうと、次第に内部のモルタル部や木部にもダメージが浸透するわけである。

そうなったら一大事だ、早めに外壁塗装で皮膜を再生しておくのが賢明といえる。

だが裏を返せば、しっかりと定期的な外壁塗装がなされた住宅は寿命が延びるのも事実である。

当ブログも様々なユーザーさんと会ってきたが、コマメに外壁塗装が行われている住宅の場合、築20~30年経過していても古さを感じさせないケースが多い。

たしかに外壁塗装は安く見積もっても70万~100万程度はかかる工事である。できれば少しでも先延ばしにしたい気持ち分かる。だが先延ばしにした結果、内部の劣化やダメージが深刻化するパターンも少なくないので 当ブログとしてはお勧めできない。

また長い期間にわたって塗り替えられていない外壁となると、次回の外壁塗装では通常の工事費よりも大幅に費用がかかるはずだ。

ヒビ割れや剥がれを補修しながらの外壁塗装工事である。下準備も倍以上かかってくるので人件費もかさむ。

つまり定期的なメンテナンスとして塗料の耐久性の範囲内に行なうのがもっとも安上がりというわけである。

外壁塗装のタイミングは素人では判断がつきにくい

外壁塗装のリフォームでもっとも注意してもらいたい部分…と訊かれた場合、「施工のタイミング」というのが 当ブログの見解である。

リフォーム工事にはやるべきタイミングというものがあるが、リフォーム業界の 当ブログからみても判断が難しいのが、屋根の工事、床下の工事、そして外壁の工事の3つだからである。

というのも上記の3つに共通していることだが、外見上はまったく問題が無いように見えても、実は内部で劣化や腐食が進行しているケースが多い…ためである。

そのため、訪問販売で営業がやってくる業種もたいていはこの手のリフォームが多いはずだ。

素人では絶対に判断がつかない部分でもあり、工事しないと大変な事になる…と脅されたら信用しやすい部分なので利用しているのである。

もちろん本当にリフォームが必要な状態というケースもあるだろうが、大部分はそういった素人の判断のつかない部分につけ込んだ悪質業者である。

こういった悪質業者から自分を守るためにも、自宅の各部のメンテナンス時期を把握しておいてもらいたい。または建築関係の知識を有する知人に一度各部をチェックしてもらっても良いだろう。

少なくとも知識者の意見を聞き、定期的なメンテナンスのサイクルを把握しておけば悪質業者に騙される確立は大幅に減るはずだ。

具体的な外壁塗装の耐久年数とリフォームのサイクル

さて定期的なリフォームが必要な外壁塗装だが、外壁の種類や塗料によっても耐久年数やリフォームのサイクルは変わってくるので自宅の外壁塗装を一度確認してもらいたい。

仮にウレタン系であれば約8~10年、シリコン系の塗料であれば10~12年、最近ではフッ素系の塗料もメジャーになってきた、フッ素系ならば12~15年の耐久年数だといわれいている。

もちろん耐久年数が過ぎるよりも、期間内に早めにリフォームを行なう方が人件費も工事費も安くなるはずだ。外壁塗装以外のリフォームを絡めたタイミングで行なうのも悪くない。

上手く他の工事で利用する足場や養生材を活用できれば、全体的なリフォーム費用の削減につながるはずだ。緊急性の低いリフォーム内容だけに上手くそういったタイミングを利用しておきたいところだ。

また、モルタル部の外壁塗装は上記のような感じで良いが、木部の塗装はモルタル部に比べサイクルが短い。一般的に5~6年に1回の塗装が必要と頭に入れておいてもらいたい。

【人気の5社を徹底比較】リフォーム業者一括見積サイト一覧

リフォーム成功のカギは「工事内容に合った良心的な業者を見つけること」ですが、そのために大切なのは「工事内容に合った業者を徹底比較すること」に他なりません。
そこで今回の調査で管理人がじっさいに登録して

申込手順が簡単!
提携リフォーム会社の数が多い!
運営元が大手で安心できる!

と感じた5つの無料で見積り・プランニングしてもらえる業者比較サイトの特徴をおすすめ順にでご紹介します。

ちなみに結論から先にいうと「利用満足度」「使いやすさ」「サイト利用者安心度」でリフォーム業界で3冠を獲得したタウンライフ・リフォームが当ブログ的には一押しです!!

▶▶【無料見積り】タウンライフリフォーム


1社でもじゅうぶんだけど2社に登録しておくとそれだけ選択肢が増えるのでおすすめだブー

【プランニングに定評あり!!】タウンライフリフォーム

結論からいうと、管理人が最終的に満足できたリフォーム業者を紹介してもらえた比較サイトがこちらのタウンライフリフォームでした。

タウンライフリフォームの特徴

全国展開の上に提携リフォーム業者の数が多く、地元の優良リフォーム業者がみつかる確率が高い
申込手順がシンプル!わずか3ステップの簡単な申込でプランニングまで提案してもらえる
運営元が大手で利用者数も多く、利用者満足度をはじめ3冠達成!!

▶▶【無料見積り】タウンライフリフォーム


とりあえず1社だけでも試しに登録するなら、最初は人気NO.1のタウンライフリフォームだブー

タウンライフリフォームの申込みの流れ

タウンライフリフォームの無料一括見積りは非常にシンプル!


まずは公式ページの登録フォームの3つの質問にこたえ、リンク先のページで
全面リフォームか水回りリフォームか?部分リフォームか?
リフォームする主な目的
今回のざっくりとしたリフォーム予算
の設問にこたえて送信するだけ! アナタのお住まい周辺の優良リフォーム会社がプランニング・見積りをしてくれます。
わずか3分で3つのリフォーム提案が戻ってきますよ♪

▶▶【無料見積り】タウンライフリフォーム


リフォーム比較プロ


タウンライフリフォームを申し込んだ上で「さらに多くのリフォーム業者の中から本格的に選びたい!」とお考えの方はリフォーム比較プロがおすすめ。タウンライフリフォームとはタイプの違うリフォーム業者3~4社から提案してもらえますよ♪

▶▶リフォーム比較プロ

リフォーム比較プロの特長

全国展開はもちろん提携リフォーム業者500社以上
超シンプル60秒で登録完了
全面改修からバリアフリー工事、耐震工事まであらゆる工事に対応

リフォーム比較プロの申込みの流れ

今回、当ブログ掲載のリフォーム業者比較サイトはすべてスマホから簡単に申込み可能な会社ばかりですが、中でもダントツに簡単なのがリフォーム比較プロの申込です。

公式ページのフォーム内の3つの項目を埋め、リンク先のページでリフォーム箇所や希望の予算などの情報を入力して送信するだけ。わずか60秒で登録完了です。タウンライフリフォームとは提携先もちがうため新たなリフォーム業者から見積もり・プランニングが提案されます。

質の高い工事をできるだけ安く!がリフォーム比較プロのポリシーだブー

▶▶リフォーム比較プロ


リショップナビ


「できるだけ沢山の候補の中からトコトンこだわってリフォーム業者を選んでみたい!」という方ならリフォーム業者比較サイトの老舗「リショップナビ」も有力な1社。他社にない独自のサービスも魅力的ですよ♪

▶▶リショップナビで無料見積もり

リショップナビの特長

提携リフォーム業者圧倒的NO.1の1,500社!
担当のコンシェルジュが電話で詳細を確認
万が一工事ミスが発生した場合に備え安心リフォーム保証制度アリ

リショップナビの申込みの流れ

リショップナビの申込みは
【STEP1】

【STEP2】

【STEP3】

という具合に超シンプル。リフォーム箇所や工事費用などの入力は一切なし。つまり工事の内容はすべて担当のコンシェルジュが電話でヒアリングしてくれるのです(※通常、入力完了後、1~2分で折り返しの電話があります)

スピード感をもってリフォーム工事を開始したい方にはピッタリだブー!

▶▶リショップナビで無料見積もり


ベスト@リフォーム


もしアナタが「大手リフォーム業者のみ」に絞って見積もりやプランニングしてもらいたいならば、最適なリフォーム業者比較サイトがこちらの「ベスト@リフォーム」。住友不動産やミサワリフォーム、東急ホームズなど人気の大手リフォーム会社を網羅しています。

▶▶ベスト@リフォーム

ベストリフォームの特長

基本、大手企業だけなので圧倒的な安心感
全面改修~部分リフォームまですべて対応
目先の安さよりも丁寧さ・安心感を重視

独自の審査で提携先を選ぶベスト@リフォームはサポート対応にも定評ありだブー

▶▶ベスト@リフォーム


リフォームのことならリノコ


▶▶リノコリフォームで無料見積もり

リフォームのことならリノコの特長

クチコミ評価の高い人気施工店のみ紹介!
業者と利用者の中立的な立場から徹底サポート
もちろん「相談・紹介・見積り」は一切無料!

リノコの申込みの流れ

完全に匿名でリフォーム相場を無料で教えてもらえるリノコの申込も非常にシンプルです。

公式ページにある上記の項目を入力して見積もりを依頼するだけで、まずはリノコからアナタのお住いに対応した優良施工店が提案され、後にリノコから正式なリフォーム見積もりが届きます。

比較サイトというよりも「業者」と「相談者」を中立的な立場でサポートする第三者機関だブー

▶▶リノコリフォームで無料見積もり


部分リフォーム
シェアする
【MISSION】キッチンリフォームを調査せよ